子どもを作らない人生について考えた

あ~、どんどん梅雨の時期が迫ってくる・・憂鬱でしかない。

引きこもりだから天気なんて関係ないじゃん!って感じだけど、引きこもりだからこそ天気が大事なのだ。(笑)

ベランダでの日光浴が出来なくなっちゃう。

昨日、友人と子どもの話をしたのがきっかけで、ふと「子どもを作らない人生」について考えてみました。

ネットで見てみると、子どもを作らない人生を選択する理由は主に4つほどに分けられるそうで。

①不妊、②経済的問題、③子どもが嫌い・育てる自身が無い、④自分の時間が無くなるのが嫌

まぁ、これ以外にも理由はあるのかもしれませんが。

子どもを作らないと選択した人たちの理由を見ると、なるほどな~と色々と考えさせられました。

わたしはどんな生き方でもどんな選択をしても、それがその人の人生なので特に意見があるとかではありません。

50代以上の方が口を揃えておっしゃっていたことは、「貯金をもっとしておけばよかった」ということです。

子どもがいないと、頼れる身内がいないから老後のための貯えが絶対に必要だと。

そもそも老後を子どもに頼ろうっていう考えがわたしには無いので、引っかかる部分はあるんですが。

50代ぐらいって老後に対して漠然とした不安が一番ある時期なんだとか。昔心理学の授業で先生がそんなことを言っていた気がする。

70代、80代の方の意見を聞いたらまた違った答えが来るようにも思います。

「貯えなんかなくてもどうにでもやっていけるぞ~」という答えを期待したいところです。

まぁ、子どもがいてもいなくてもきっと貯金はしておかないといけないんだろうなぁ。

今後子どもを諦めた時のことをリアルに考えてみたんですが、一番引っかかるのは「親に孫を見せられない」ということでした。

てことは、また「親のために」が一番にきちゃってるのかなぁ?

わたしは子どもが好きだし、欲しい。けど、こんな貧乏で育てられる自身もないし、エゴなのかもしれない。

そんなことが頭の中でぐるぐると回っている。

夫婦二人の人生でもそれはそれで良いと思っているんですが。

自分の人生なんだから、自分が生きたいように生きなきゃねぇ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする